病院案内 入院案内 妊娠生活(ソフロロジー) 子供が欲しいあなたへ イベント Q&A

 

お知らせ

 

 

 

 

 

 

 

Q&A

妊娠Q&A

Q.妊娠の兆候はどんなものですか?
A.妊娠したかどうかは、できるだけ早く確認したいものです。妊娠の兆候を早くキャッチして、速やかに産婦人科の診察を受けることが、すこやかな妊娠・出産へとつながります。
自分でわかる妊娠の兆候は主に次のようなものがあります。

・月経が止まる
月経周期が正確な人は1週間遅れたら妊娠と考えられます。妊娠していても、予定月経のころに少量出血することがあります。

・ つわりが始まる
早い人だと月経が少し遅れたころから、つわりの症状があわられます。吐き気が主ですが、食べ物の好みが変わったり、匂いが気になったりすることもあります。

・ 基礎体温の変化
妊娠すると月経予定日になっても基礎体温が下がらず、高温期が続きます。高温期が3週間異常続いて、月経も始まらなければ、妊娠している可能性が高いでしょう。

・ 乳房が変わる
乳首が敏感になり下着に触れて痛いように感じたり、乳房が張る、乳首やそのまわりが黒ずんできます。これは、ホルモンの変化により起こるものです。

・ 倦怠感やイライラ
体がだるくて何もする気が起きない、わけもなくイライラして精神的に不安定になった、体が熱っぽい、眠い、など。これらもホルモン環境の変化が関係しています。

・ 便通の変化
尿が近くなる、便秘になる、など。これは、妊娠して子宮が大きくなり、膀胱や腸を圧迫するためです。

・ 妊娠検査薬
市販の妊娠検査薬を使って陽性反応が出たときは、この時期に思わぬトラブルが発見されることもありますので、早めに産婦人科で診察を受けてください。


Q.妊娠初期・中期・後期とはなんですか?
A.ママの体の変化・おなかの赤ちゃんの成長によって、妊娠期間を3つに分類しています。

・妊娠初期
0〜15週  胎盤もまだ完成していないので、体も心も不安定な時期です。流産しやすい時期なので、激しい運動や無理は避けましょう。また、つわり症状もあらわれ始めます。
  ゆっくりとした生活リズムとリラックスが必要です。夫も協力してあげましょう。

・妊娠中期
16〜27週  胎盤も完成し、つわりも消え、精神的に安定してきます。妊娠20週ころから胎動を感じられるようになります。体調が安定してきたら、適度に体を動かすことを心がけましょう。食欲の出る時期ですが、栄養バランスのとれた食事を適量とるようにしましょう。

・妊娠後期
28週以降  おなかがせり出し、胎動も強く感じられます。この時期の異常で要注意なのが、妊娠中毒症。初産の人、高齢出産の人、多胎妊娠の人、肥満の人は特に要注意です。
  入院の準備や、留守中の家のこと、産後の家事の対策などを立てておきましょう。


Q.分娩予定日とはなんですか?
A.分娩予定日は、最後の月経開始日から数えて280日目(40週)。

おとうさんの中には、分娩予定日にぴったりに生まれると思っている方もいるようですが、予定日どおりの出産はごくわずか。予定日を起点に3週間前〜2週間後が正常な分娩予定期間。ちなみに36週を過ぎると「臨月」といいます。

Q.超音波検査とはなんですか?
A.超音波断層装置でおなかの赤ちゃんや子宮の状況を調べるのが超音波検査。

外から見ることのできない赤ちゃんの様子を観察するのに欠かせません。超音波写真を見ると赤ちゃんの成長が実感できます。

Q.胎動とはなんですか?
A.胎児の体の動きが胎動です。

個人差はありますが、妊娠20週くらいになると、多くの方が胎動を実感し始めるようです。後期になると、おなかの外からでも胎動を感じ取ることができます。
父親としての自覚を持つためにも、夫は妻のおなかに積極的に触って、わが子の胎動を感じてみましょう。

Q.両親学級とはなんですか?
A.夫婦で参加して妊娠・出産・育児について学ぶのが両親学級です。

産院や自治体などによって開かれます。土日の開催も多いので、夫も積極的に参加してみましょう。立会い出産を希望する夫は、勉強になるのでぜひ行ってみましょう。

Q.体重管理しないといけないのですか?
A.妊娠中、太りすぎると妊娠中毒症や難産などさまざまなトラブルの引き金になります。

そのため、妊娠中は体重の増加を厳しく管理されることになります。通常、出産までの体重増加は7〜10kg以内に抑えるように指導されます。

「妊娠しているんだから2人分食べなさい」等というのは、昔のお話です。

Q.妊娠に気付かずに市販の風邪薬を飲んだけど大丈夫?
A.妊娠中に飲むと赤ちゃんに異常が出るとはっきりわかっている薬はほとんど市販されていないと言ってよいでしょう。

しかし薬である以上、胎児への影響が全くないとは言い切れないので、心配なら、飲んだ薬の名前や成分を調べて、産婦人科の医師に相談してみてください。

Q.ペットを飼っていますが、妊娠したら手放したほうがいい?
A.ペットに寄生するトキソプラズマという原虫の感染を心配されているだと思います。

しかし、赤ちゃんに異常を与えるような例はごくまれであることがわかり、それほどおそれる必要はないことがわかってきました。ペットの糞尿の始末をしたら手をよく洗う、口移しで食べ物を与えるような過剰接触を避けるなど、ごく常識的なことを守れば、わざわざ手放す必要はありません。

Q.タバコがやめられません。赤ちゃんに悪影響がありますか?
A.タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあります。

胎盤への酸素不足や栄養不足をひき起こし、赤ちゃんの発育は悪くなります。赤ちゃんのためにタバコはきっぱりやめるか、せめて本数を減らしてください。

 

その1その2その3

[ 妊娠Q&A出産Q&A子育てQ&A命名Q&A中絶Q&A 性病Q&A ]

▲このページのトップに戻る  

病院案内 | 入院生活 | 妊娠生活(ソフロロジー) | 子供が欲しいあなたへ | イベント案内 | Q&A  

Copyright(C) 2007 Ladies Clinic Ishiguro All Right Reservedlin

レディスクリニック石黒

〒955-0083 新潟県三条市荒町2丁目25番33号
TEL0256-33-0150 FAX.0256-33-0176